読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みすとのブログ

Welcome to my HomePage

姉が結婚した。

生活 家族

正確には、姉が結婚式を挙げました!
籍は先に入れてあったパターンです。

 

身内の式っていうのはとても気楽なモノで、
高砂から一番離れた隅っこのほうでごちそうを食べ、酒をしこたま飲んで、
「引き出物なんだろうなー!」
なんてコトを考えていれば、その日は終わります。

 

「娘」にとって結婚式というのは、対外的な要素は隅っこに置いておいて、
「両親への感謝の言葉を述べること」がメインテーマだと勝手に思っています。

 

泣けるお手紙を読むやーつ」みたいなやつです。
「お父さん、お母さんありがとうのやーつ」です。
それを見届けるために、僕は参列しているんだなとさえ思います。

 

姉は言います。

 

私が思春期で荒れたときも、ただただ見守ってくれていましたね。
父の存在はいつも家族の傍にありました。
どんな我が儘も受け入れて、応援してくれましたね。

 

「後悔をしてほしくない。だから結婚式はやってほしい」
そんなことを突然言い出して、驚きました。
でも今こうしてこの日を迎えられたこと、感謝します。

 

そもそも涙腺ゆるゆるの僕はボロボロ泣きまして、

母親もボロボロ泣いてまして、父親も目が潤んでました。

 

姉ちゃんのくせに、ちゃんとした流れで、ちゃんとした言葉で、
しっかりと手紙を綴っていたのが意外でした。
いい女になったね、姉ちゃん。
よかったね、姉ちゃん。どうぞお幸せに。

 

我が兄弟は漏れなく、母親の多くの愛に、
そして父親の寛大な背中に育てられました。
そして幸いなコトに三兄弟がみな巣立つことができました。

 

これからは、自分たちが"それら"をしていく番だね。
親孝行も、たくさんしていかないとね。

 

いい式でした。

 

とりあえず結婚式には、櫻井さんがカバーしている「糸」を流しておけばいい。俺が泣く。